色んな種類の自己肯定感があるけど高めるにはどれを伸ばした方が良い?

絶対的自己肯定感

いつもお世話になっています!Pスケ(@kaigonarehabilid)です。

現在、様々な場面で自己肯定感という言葉を聞いたり、目にしたりする事があると思います。

しかし自己肯定感にもいくつか種類があり、その中の一つの種類の自己肯定感を高めることで、気持ちがブレることなく生活できると言われています。

って、ことで今回は『色んな種類の自己肯定感があるけど高めるにはどれを伸ばした方が良い?』について話したいと思います。

1.自己肯定感には種類がある

まずは自己肯定感とは何なんでしょうか?

 

簡単に言うと自己肯定感とは以下のような事を指すとされています。

 

自分自身のネガティブな感情をも肯定的に捉えて、長所も短所も過去も現在も全てを受け入れ存在価値を認める

 

なので自己肯定感を高めると何事にも前向きになり、気持ちがブレることのない生き方ができるようになってきます。

 

この自己肯定感にはいくつかの種類がありますので、まずは自己肯定感の種類を紹介しましょう。

 

自己肯定感には2つの種類があり、

 

1つは、『絶対的自己肯定感

もう1つは『社会的自己肯定感

とされています。

 

この2つの自己肯定感のうち一つを高めると自分自身の価値を認めることができ、心を満たしてくれると言われています。

では2つの自己肯定感について一つずつ説明をしていきましょう。

2.絶対的自己肯定感

2種類の自己肯定感の1つ、『絶対的自己肯定感』とは、

 

自分自身で褒め、自分の存在価値を認めてあげる

ということを指しています。

 

なので悪口や言葉などの攻撃でも簡単に心が折れることはなく、一番必要な部分と言われています。

自分自身で存在を認めてあげ、自信をつけることが重要なことだと考えています。

3.社会的自己肯定感

そしてもう1つの自己肯定感に『社会的自己肯定感』があります。

 

この社会的自己肯定感は

 

  • 仕事の実績
  • 結果
  • 地位
  • 名誉

 

など、自分自身ではなく、他人からの評価や相対的評価からなるものだと言われています。

4.絶対的自己肯定感を高めるとブレることはない

では2つの自己肯定感のどちらを高めるといいのでしょうか?

 

それは『どちらも!!

 

といいたいところですが、強いて言うなら『絶対的自己肯定感』を高めていくことが大切です。

 

なぜなら絶対的自己肯定感は自分自身の身体や態度、発話から長所・短所すべての感情に至るまで自分自身を認めること。

すなわち『自己受容』をして高めていきます。

自己受容を行うことで、自分自身に確固たる『』ができ、ちょっとやそっとのストレスや批判、思い込みなどでブレることが少なくなってきてます。

 

逆に『社会的自己肯定感』だけ高めてしまうと、地位や名誉、評価が高いときだと気持ちが安定して高パフォーマンスな仕事や動きが出来ます。

が、しかし、一度、ストレスや批判、悪口、降格など他者からの評価が下がったりすると一気に落ち込みや、自信喪失、やる気喪失など脆くも崩れ去ってしまいます。

 

そうならないためにも自分自身で褒め、認めてあげることで生きやすい世界を作ることが大切だと思います。

5.絶対的自己肯定感を上げる方法

絶対的自己肯定感を高める大切さを述べましたが、これを高める一つの方法として、『自分を褒める』ことです。

どんな些細な事でもいい、自分自身の『好きなところ』を手始めに1週間に20個ずつ約1か月ほど記載してみましょう。

 

これを1か月ほど手帳などに書いてみてください。

 

書いてみることで、絶対的自己肯定感が高められ周りを見る目が変わってくるのが少しずつ感じることが出来るようになってきます。

 

5.まとめ

絶対的自己肯定感はいくつからでも高められることが出来、高めることにより人を見る目や、自分に対して自信を持つことが出来ます。

それ以外にも様々なポジティブ要素を持っており、積極的に動くことが出来るようになってきます。

自己肯定感を高めるのも地道な努力が必要なので、まずは上記の高める方法を無理なく行っていきましょう。

関連コンテンツ