障害者の環境調整はメリットだらけ!!

環境調整 メリット Hoffer

いつもお世話になってます!Pスケ(@kaigonarehabilid)です。

環境調整ってデイサービスやヘルパーなどの人的サービスに比べて、導入される比重が少ない要素だと思いません?

今回は『障害者の環境調整はメリットだらけ!!』ってことを話したいと思います。

▼目次▼

  1. 環境調整を行うことのメリット
  2. 身体機能の維持・改善
  3. 活動範囲の拡大
  4. 介護者の介護量や精神的負担の軽減
  5. 医療や介護などに係る費用軽減
  6. まとめ

環境調整を行うことのメリット

環境調整 メリット
環境調整を行うことで、様々なメリットがあります。

  • 身体機能の維持・改善
  • 活動範囲の拡大
  • 介護者の介護量や精神的負担の軽減
  • 医療や介護に係る費用軽減

など

Pスケが今、パッと考えられる事はこれぐらいですが、挙げればまだまだ出てくると思います。

今回は主に上記の内容を説明していきます。

身体機能の維持・改善

環境調整 身体機能
環境調整は以下の身体機能に影響を与えます。

  • 筋骨格系
  • 内臓系、呼吸器、摂食嚥下
  • 起居動作や立ち上がり、移乗動作
  • 歩行などの移動

etc.

 

例えば車椅子を適合した物に合わせてあげるだけで、関節拘縮や呼吸がしやすくなったり、飲み込みがしやすくなったりします。

またベッドの広さや高さで起き上がりや立ち上がり、移乗がしやすくなります。

他にも適切な歩行器を合わせるだけで、歩行が可能になったりするので、身体機能にとって環境調整は大切です。

活動範囲の拡大

環境調整 自助具
上記の機能維持・改善が見られてくると、活動範囲も広がってきます。

  • 食事動作
  • 更衣動作
  • 排泄動作
  • 整容、口腔ケア
  • 趣味活動

など

これらの活動の具体例として、以下のようなのがあります。

机の高さ、食器やスプーンの形が持ちやすいなどで、ご自身で食事が食べやすくなる。

ソックスエイドなどの福祉用具を使うことで靴下を履きやすい。

トイレまでの導線で、タンスの配置をしっかりすることで、伝い歩きが出来るようになる。

手すりやトイレの座面の高さ、トイレに座っているときに、オーバーテーブルを身体の前に置くと、排泄しやすい。

車椅子が適合していると、長期間座っていられたり、手の作業がしやすくなる。

電動車椅子を使って、屋外に買い物へ行けるようになったりする。

このように環境を整えるだけで、障害者が自立して出来る事が増え、ご自身の活動範囲が広がり、生活の質(QOL)が上がるのです。

介護者の介護量や精神的負担の軽減

環境調整 介護負担
環境調整を行えば、上記の機能維持・改善やご自身で出来る事が増え、活動範囲が広がります。

ご自身で出来る事が増えていけば、ご家族や介護者の介護軽減や、介護に伴う精神的負担は減り、『win-win』な関係になりやすいです。

医療や介護などに係る費用軽減

環境調整 医療費
介護度が増せば、その分医療や介護に係る費用は増えていきます。

環境調整を行い、能力の悪化を防ぐ事で、医療費や介護費などを抑えられることが出来ます。

まとめ

環境調整によって様々なメリットがあることをお伝えしました。

私たちが個別に関わる人的サービスは、一日のうちほんの少ししかありません。

ほとんどの障害者はが一人で過ごす時間が多いです。

その時間をどう過ごして、能力を維持するかが環境調整になってきます。

なので環境調整を疎かにせず、しっかりと行っていきましょう。