特養の個別機能訓練加算 共同作成をどうするか

個別機能訓練計画書 共同作成

いつもお世話になってます!Pスケ(@kaigonarehabilid)です。

今回は『特養の個別機能訓練加算 共同作成はどうするか』ってことを話させてもらいます。

共同作成にもいろいろな方法があるので、参考にして見てください。

▼目次▼

  1. そもそも共同作成とは
  2. 方法
  3. 担当者会議にて共同で話し合う
  4. 個別機能訓練会議のような場を設ける
  5. そのものを回覧しハンコを貰う
  6. まとめ

そもそも共同作成とは

個別機能訓練計画書 共同作成
特養の個別機能訓練加算の算定要件には、以下のような文言が記載されてあります。

機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員その他の職種が共同して、利用者毎にその目標、実施方法等を内容とする個別機能訓練計画を作成する

引用:指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準(短期入所サービス及び特定施設入居者生活介護に係る部分)及び指定施設サービス等に要する費用の額の算定に関する基準の制定に伴う実施上の留意事項について(平成12年3月8日老企第40号 厚生省老人保健福祉局企画課長通知)

この『機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員その他の職種が共同して』という部分をどのように行うのかが大切なんです。

共同作成の手順を結構な確率で、実地指導などでも聞かれます。


なのでしっかりと共同作成を行いましょう。

そのためには、方法として以下の3通り考えられます。

方法

共同作成の方法として3つ考えられます。

  • 担当者会議にて共同で話し合う
  • 個別機能訓練会議のような会議を開催する
  • 計画書そのものを回覧しハンコを貰う

担当者会議にて共同で話し合う

個別機能訓練計画書 担当者会議
現在の入居者の生活状況や、今後どのような計画で生活していくのかなどを話し合う『担当者会議』が定期的に行われていると思います。

この『担当者会議』の中で、一緒に個別機能訓練計画書の話し合いを行うようにします。

こうすることで協議が出来、共同作成の場になると思います。

メリット・デメリットとして以下の内容が考えられます。

メリット

  • 会議録を残すため、記録として共同した職種、日付が残る。
  • 専門職やご家族も交えて協議出来るため、有意義な個別機能訓練計画書が作成できる。

デメリット

  • 会議で協議し、後日個別機能訓練計画書を作成する為、担当者会議で、家族に個別機能訓練計画書のサインを頂けない。

個別機能訓練会議のような場を設ける

担当者会議とは別に『個別機能訓練会議』のような会議を開催するようにします。

メリット

  • 個別機能訓練計画書の為の会議なので、個別機能訓練中心の話し合いになり、しっかりとした計画が立てやすい。
  • (個人的に)個別機能訓練の話し合いなので、印象に残りやすい。

デメリット

  • 個別機能訓練会議の為に、担当者を集めて行わないといけない

計画書そのものを回覧しハンコを貰う

個別機能訓練計画書 ハンコ
個別機能訓練計画書を機能訓練指導員が作成。

担当者に回覧して、訂正が無い場合は個別機能訓練計画書にハンコを貰うようにします

メリット

  • 会議を開かなくていいので、担当者を招集しなくていい。
  • 別途に会議録などを作成しなくて良い。
  • 事前に作成し、担当者会議などで家族からサインを頂きやすい。

デメリット

  • 回覧時に訂正があった場合、計画書を作り直さないといけない。

まとめ

今回書いた3つの方法は、色々な施設で実践して行っている方法です。

これ以外にも方法はあると思うので、自分たちの施設にあった共同作成を検討してみて下さい。